就活に失敗した新卒社会人のお話

就活に失敗しました。大企業で働いています。17卒です。

君の心に、貨物列車を走らせろ。

こんばんは。

なぜかは分かりませんが貨物列車が死ぬほど怖いです、あずまです。

 

普通の電車は全く怖くないのですが、貨物列車は無理です。怖いです。

冷静に考えて、生命のない巨大な物体がものすごい速度で目の前を通り過ぎるって怖くないですか?

大学生にとっての1限くらい怖いです。いやどちらかと言うと、女の子にとっての毛虫、と言った方が正しいでしょうか。(どっちでもいい)

 

さて今回のブログのタイトル「君の心に、貨物列車を走らせろ。」ですが、特に意味はありません!

なんかノリで書いちゃいました。

「何か深い意味があるのか…?」と思ってくれた読者の方。

すいません、何もありません。

 

しかし!

このタイトル「君の心に、貨物列車を走らせろ。」ですが、よく見るとかっこよくないですか…?

浅いようで深いような、意味無さそうでありそうな、いややっぱり無さそうな、そんな響きがあると思います。

 

そもそも貨物列車ってなにを運んでいるんでしょうかね?

ササっと調べてみると、「いろいろな物」らしいです。

めちゃくちゃ漠然としてますね。

つまり貨物列車1つ取ってみても、中身は千差万別ということです。

 

はっ…!!

これってなんだか、「夢」と似ていませんか?

1口に「夢」と言っても、それは人によって違いますよね。

「世界から戦争をなくしたい」という夢や、「大学に合格したい」という夢、「栗ご飯をおなかいっぱい食べたい」という夢など、本当に人それぞれです。

貨物列車もそれと同じじゃないでしょうか!?!?

 

つまり!!

「君の心に、貨物列車を走らせろ。」とは、

「みんな、夢を持って、やりたいことに突き進んでいいんだよ。」

ってことじゃないですか!?!?

 

いやー、我ながらいい言葉を作ってしまいました。

社会人になってやりたくないことを「給料の対価」としてさせられていると、自分のやりたいことなんて忘れてしまいますからね。

うちの企業も面接であんだけ夢を語らせたくせに、「新人はとりあえず現場で3年。その後も希望の部署に行けるかは分かりません。」という傍若無人っぷりですもん。

こんなことでは、心の貨物列車は止まってしまいます。

 

ということで、みなさんにもお聞きします。

 

君の心に、貨物列車は走っていますか?

 

…冷静に考えてクソダサいですね。

2度と使いません。

それでは!